Search by

    Latest Posts

    サーバレスNEGとは ロードバランサのバックエンド エンドポイントのグループ。 GCPの場合は、サーバレスのComputeリソースである、GAE・GCF・Cloud RUNでホストされたアプリや関数を指す。 次のことが可能 専用 IPv4 または IPv6 の IP アドレスからサーバレスアプリを構築出来る様に構成する URL…

    Keep Reading →

    VMインスタンスを作成しwebサーバをたてる インスタンスを作成する基本のコマンドは下記。 種々のオプションを色々つけていくことで、目的に合致したインスタンスを作成出来る。 今回の下記の要件を満たすようにオプションの内容を検討する。 費用を抑えて構成する インスタンスへのhttp…

    Keep Reading →

    やりたいこと インスタンステンプレートを作成する インスタンステンプレートを利用して、マネージドインスタンスグループを作成する httpロードバランサーを設定する 負荷テストを実施して、インスタンスが自動スケーリングすることを確認する 上記をなるべくコマンドで実行していきます。 1. インスタンステンプレートを作成する 基本のコマンドに必要なオプションをつけて実行する。 apache…

    Keep Reading →

    下記の記事の内容をdjangoで試行した結果をまとめています。 たった一つで Cloud Run にビルドしてデプロイするコマンドの紹介 お知らせ: Google Cloud の Buildpacks でコンテナ イメージ作成が簡単に やったこと buildpackを導入して、Dockerfileなしでコンテナを作成 上記の仕組みを利用したcloud run…

    Keep Reading →

    概要 djangoをclould runで動かしましす。 公式の下記チュートリアルをみやってみました。解説的なものになれば幸いです。 https://cloud.google.com/python/django/run?hl=ja アーキテクト 気が向いたらまとめるかもしれない。 buildまでの流れ 気が向いたらまとめるかもしれない。 その他メモ的なこと cloudmigrate.yaml…

    Keep Reading →

    この記事ではk8sで試したコマンドを列挙してみます。基本的なところから。 consoleで作成する場合はもっと簡単で、画面でぽちぽちすれば良いものもあると思います。悪しからず。 でも、コマンドは誤操作がなく安心できます。ケースに応じて使いやすい方を利用すると良いと思われます。 クラスタ管理 クラスタ作成例 2021.01.03時点のでの対応version…

    Keep Reading →

    概要 RESTFrameworkはViewSetsを扱うの抽象モデルを搭載している。ViewSetsを使うと開発者はAPIの状態とインタラクションをモデリングすることに集中できて、URLパターンの生成を自動にできて、それはもういい感じらしい。 ViewSetsは Viewclassとほとんど同等品。 readやupdateが提供されている。 getやput…

    Keep Reading →

    シリアライズって何 言語固有のデータ形式を、共通データ形式であるjsonとかに変換すること(と理解している)。こうすることで言語間、フロント、バックの間でデータのやり取りが出来るようになる。 この時、「基本的にはこんな感じでデータのやり取りしましょう」という考え方の一つがREST Serialization Deserialization 「djnago…

    Keep Reading →

    Request objects REST frameworkでは、djangoが用意しているを拡張して、を導入している。 にはが用意されている。これはに似ているけど、webAPIを扱うのにより便利なもの、らしい。 ↓ 例えば、だとformでしかデータを受けれないが、ならjsonのような色んなデータ形式を受けれるし、 それを意識しなくてもいい、ということだと思います。 Response…

    Keep Reading →

    今回やること GeoDjangoチュートリアルの解説の続きです。 前回やったことは... DBを拡張して地理データを扱えるように shapファイルから、DBへデータインポート adminサイトでデータのポリゴンデータの確認 今回すること 自作のView,template上で、googlemapにdjangoから取得したポリゴンデータを描画する django geojson google…

    Keep Reading →

    geodjangoって何? 公式 GeoDjango intends to be a world-class geographic Web framework. ワールドクラスのジオグラフィックwebフレームワークを目指している。 公式チュートリアル GeoDjango is an included contrib module for Django that turns it into a…

    Keep Reading →

    djangoを使ったデモサイトを2つ作ってみました。 yeah! (現在はどちらも公開していません) hogeslip description 伝票管理アプリ url https://hogeslip.appspot.com/ id guest pass jimu-rakuni tech django, google app engine, google cloudsql(postgres…

    Keep Reading →

    経緯 先日シンプルなhtmlで作成されたサイトにフォームをつけたいなという話になった。 既存のリソースに追加する形にしたいと思って調べていたら、GCPのcloud functionsが良さそうじゃないと思いついた。 既存のHTMLにcloudfunctionで作ったフォームをiframeタグで埋め込めば良いのでは。 因みにcloud functions…

    Keep Reading →

    npm npm 複数のパッケージを並列してインストールできる。 オプション 開発マシンにインストール 基本的には依存関係等でマシンが汚れることが嫌なのでこのフラグは使わない。 --globalオプションなしで、pythonのvenvに相当するということです。 とりあえずこれ使っておけばオッケー package.jsonにパッケージ情報が記載される。 package.jsonはpip…

    Keep Reading →

    jsを書いていると、関数定義をしているのか、呼び出しをしているのか、がわからなくなる。 書き方の種類が沢山あることも混乱に拍車をかける。 setIntervalで、引数付きのコールバックを無名関数で書くのにハマったので、メモ残しておく。 間違った書き方 最初はこう書けばいいと思っていた。 ※1秒ごとに、hogeというログを残すプログラムです しかしこれは、…

    Keep Reading →

    gatsbyの を使うと.mdファイルの中身をHTMLにして読み込むことができる。その際、メタ情報をfront-matterとしてファイルのヘッダーに書き込むことができる。 この時、front-matterは.yaml形式になる模様。 この特性を利用すると、.mdのファイルから、reactにymalの中身を柔軟に流し込むことができる。 yamlでテーブル形式のデータを作成し、react…

    Keep Reading →

    前提 gatsby-starter-netlify-cmsを使ってベースのサイトを構築 Noto Sans JPを使う場合 で$family-sans-serifをオーバーライドします。 上記コードはとの間に記載する。 bulmaが指定する日本語フォントよりも前に、を指定することで、フォントが適用される。 同様の方法で種々のフォントを導入することができる。 Bulma…

    Keep Reading →

    一言でいうと何? ローカルのファイルシステムと、gatsbyをつなぐインターフェイスになるようなプラグイン。 nodeをローカルファイルから作成する。 因みにファイルの中身自体を表示するには?? 種々のファイル形式に対応した"transformer"というプラグインがそれぞれ用意されている。 "transformer"でnode…

    Keep Reading →

    コマンド graphQLのスキーマ定義は自動でしてくれるけど、ふとした拍子に意図しない型付けになることがある。 その場合、を実行するとキャッシュを削除すると上手く動くようになる。 プラグイン 下記のように、.mdfileからキレイにコードを表示してくれる。 テーマも選べる。 .mdfileでemojiを使えるようにする。 emoji cheatseatが一覧でemoji…

    Keep Reading →